摩利支天

禅宗寺院では境内に、本堂の本尊とは別に鎮守を祀ります。
毘沙門天、弁財天、大黒天など、天部と言われるこれらの他にも、陀枳尼天(稲荷)や、天神さんなどを祀る寺院もあります。天災地変・火災盗難などから境内・諸堂を護り、仏法益々の興隆を願うのです。天部とは古代インドのバラモン教の神々が仏教に取り入れられ、仏教の守護神、護法神となったものを総称したもので、摩利支天もその一つです。
摩利支天の語源はサンスクリット語で、陽炎を意味するMarici(マリーチ)の音を漢字に写したものです。またそのルーツは威光、陽炎が神格化した古代インドの女神マーリーチで創造神プラフマー(梵天)の子と言われています。「仏説摩利支天経」によると「天女あり。摩利支と名づく。大いなる神通自在の力をもつ。常に日月天の前を行く。日天・月天は彼を見ること能わず。彼は能く日を見る。人の見る能う無く、人の知る能う無し。人の捉える能う無く、人の縛る能う無し。人の害する能う無く、人の欺き誑かす能う無し。人の其の財物を債る能う無く…」などとあり、また「若し彼の摩利支天の名を知りて常に憶い念者あれば、彼の人亦、見られるべからずして知られべからず…」と、その人は摩利支天と同様の功徳が得られると書かれています。このように陽炎には実体が無いので、捕らえられて傷つけられることが無い。害されることが無いところから戦国武将の間にこの摩利支天信仰が広がったようです。楠木正成や前田利家は兜の中に摩利支天の小像を入れて出陣したと言われています。他にも山本勘介や「忠臣蔵」で知られる大石内蔵助が信仰していたことでも有名です。




摩利支天

渡来僧であった、当庵のご開山大鑑清拙正澄禅師(だいかんせいせつしょうちょう)は、劉氏の子として祖先より摩利支天を信仰しておられました。
この折のことを当庵の縁起書は次のように伝えています。
禅師は海岸に到って東海の渺々として遥かなるをご覧になって、彼の国の因縁は如何であろうかと思慮されたところ、尊天、猪の背に坐し忽ち現れ告げられるのに『東の国に縁あり早く纜を解きなさい、我も師に随って同じ海を渡り師を守って永く迹を彼の国に留めて末世の衆生を利益し国家を鎮護せん』と。禅師、尊天に形を暫し留められんことを願い、師、手づから清浄の泥土で尊天の坐像を作り袈裟に包んで船に乗られる。海路、悪風、大浪に師は少しも動ぜず、一心に尊天を念じ、また同船の人にも勧めて一心に聖号を唱えられ難なく尊天を奉じて筑前博多に来朝の一歩をしるされた。
我が国に大きな足跡を遺された禅師はその住されたところにこの摩利支尊天をいつもお祀りされました。禅師入滅の地となった当庵摩利支天堂にはこの摩利支尊天像が秘仏として六百八十年近く祀られています。
そしてこの堂宇は初め元弘年間(1331-1333)に小笠原貞宗により創建されましたが、天文の兵火で焼かれ、天文十六年(1547)に織田信長の父である信秀が再建したと伝えられています。その後、元禄、享保、安政の年に整備や大改修が行われ、明治八年に小屋組み、平成七年に屋根部分の改修が加えられ今日に至っています。
また、天文の再建とはいえ、創建時代の禅宗様仏殿の遺構が残されており中世様式の貴重な建造物として平成七年、京都府より文化財の指定を受けています。






お姿と猪のいわれ

摩利支天は陽炎の光が神格化したといわれており本来見えないものですが、像として祀られるその形は大きく二つに分かれるようです。「仏説摩利支天経」や「摩利支提婆華鬘経」によると、天女の姿に似ており、左手を乳の前に当てて拳をつくり天扇を握っている。右手は腕を伸ば指も伸ばして下に垂らしているとあります。一方「大摩里支菩薩経」には別の姿で現されています。
即ち三面六臂の憤怒相で一面は菩薩の相、もう一面は童女の相をしている。六臂にはそれぞれ持ち物があり、弓・箭・針・線・鉤・羅索・金剛杵などの武器を持ちます。針や線は害するものの口と目を縫い合わせ害を加えないようにするためです。また、腕が八本の姿のものもあるようですが経には更に、猪車に乗りて立つこと舞踏の如し、と記されています。
禅居庵の摩利支天像をはじめ日本で祀られているこの像の多くが猪を眷属(けんぞく)として従えているのは、ここから来ているのでしょう。一頭の上に片足で立つ像や、五頭や七頭の上に坐す像があります。
農家では作物を荒らす嫌われ者の猪も、古代インドや西アジアではその素早さが智慧の迅速さや勇敢さをあらわすものとして結びついたのかもしれません。