1月10日(火) 初詣 新年祭 午前11時 坐禅はありません
2月3日(金) 節分 星祭 午前10時
3月1日(水) ご縁日 午前10時
4月6日(木) ご縁日 午前10時
5月12日(金) ご縁日 午前10時
※午後2時に変更になりました。
6月17日(土) ご縁日 午前10時
7月11日(火) ご縁日 午前10時
8月4日(金) ご縁日 午前10時
9月9日(土) ご縁日 午前10時
10月20日(金) 開山毎歳忌
ご開帳大祭
採燈大護摩供
午前11時
午後1時
午後2時 坐禅はありません
11月8日(水) ご縁日 午前10時
12月2日(土) ご縁日 午前10時


ご縁日には建仁寺一山の僧衆により、大般若経全六百巻転読祈祷を厳修し、燈明講々員各家の家運隆昌・商売繁盛・福利円満等を祈願致します。
引き続き書院にて坐禅、茶礼(住職の話)を致します。お誘いあわせ多数ご参詣下さい。


正月三が日、五色大鏡餅が寄進者により奉納された尊天真前にて、大般若経全六百巻が住職はじめ六名の大本山建仁寺僧衆によって修法転読され、燈明講々員並びにご参詣者皆様の新年の家運隆昌・万難潜消、所願成就などを祈願し法要を厳修いたします。
この9日、10日は向い隣りにある、もと建仁寺の鎮守、京都ゑびす神社の「十日ゑびす祭礼」にあたり四条通までたくさんの屋台が並ぶなど大変賑やかな初詣となります。摩利支天堂もこの期間は夜間も参詣することが出来ます。どうぞ新年の開運、所願成就をご祈願下さい。





嘉暦元年(1326)、海東(日本)の檀信からの篤い招請により来朝され、鎌倉建長寺はじめ浄智寺・円覚寺などに歴住し一度退隠されたあと、さらに京都建仁寺・南禅寺に住し清規(しんぎ)の制定や衆寮の造営、「百丈忌」を設けるなど叢林の風規を粛正され、大いに鎌倉時代の禅を再興された禅師は晩年この禅居庵に退隠。歴応2年(1339)正月17日、奇しくも百丈忌の当日ここにおいて示寂されました。ご開帳大祭日に併せ、摩利支天堂真室内の禅師尊像前において建仁寺住山猊下はじめ一山法縁の多くの僧侶により毎年忌法要が厳修されます。





堂内を菊花で荘厳し、ご開山が将来された秘仏摩利支天の年に一度のご開帳日です。
厨子の扉が開かれ五色大鏡餅が供えられた真前において、大般若経全六百巻が建仁寺山内の僧衆によって転読され、住職により燈明講々員並びにご参詣信者の家運隆昌・万難潜消・所願成就が祈願されます。ぜひ堂内にお入り頂き共にご参詣ください。





仏法興隆・国家安寧・五穀豊穣・世界平和などを祈願し、境内にて総本山聖護院御門跡より御導師、また神変講社平安連合会の山伏衆のご出仕により修験宗採燈大護摩供を厳修いたします。併せてこの一年摩利支天真前に皆様がそれぞれの願い事を浄書ご寄進された護摩木を添供養いたします。山伏衆の問答や神秘的な浄煙をご体験ください。